学生のうちに運転免許を取るなら合宿がおすすめ!

ウーマン

レジャーやスポーツにも

教材

日本は海に囲まれている国ということもあり、海でのレジャーやスポーツも盛んな国の一つです。普通に海に行って遊ぶだけなら誰でも手軽に行えますが、水上バイクの操縦や釣りのためのボートを操縦したいという時には誰でも気軽に行えるというわけではありません。地上でエンジンが付いた乗り物を操縦するのに免許が必要となるように、海で乗り物を操縦するのには船舶免許という国家免許が必要となります。一般的にスポーツやレジャーを楽しみたいという人が取得することになるのは、船舶免許の中でも小型船舶操縦免許と呼ばれるものです。この資格を取得することで水上バイクを始めとし、20トン以下のボートやヨットなどを操縦することが出来るようになります。

船舶免許というと私達の生活にはあまり馴染みがないのでどこで取得すれば良いのかと思う人もいるかもしれませんが、実は船舶免許は都内でも十分に取得することが可能です。船舶免許を取得してみたいけれど、あまり休みが取れないので諦めているという人もいるでしょう。船舶免許の中でも多くの人が取得する小型船舶操縦士免許は、2級小型船舶操縦士免許であれば満16歳以上であれば誰でも取得することが出来ます。費用はおよそ7万円程度であり、普通自動車免許と比べるとだいぶ安くなっています。また、取得にかかる日数も最短で3日程度となっています。都内は勿論のこと、東京近郊でも取得できる場所がたくさんあるのでちょっとした連休を利用すれば誰でも取得することが出来ます。